2023年1月25日水曜日

蜂の巣の不思議

 10年に1度といわれる寒気におおわれた今日、

札掛の今朝の気温は-8℃。

お昼頃になってもまだ氷点下のまま。

掃除の時に流した水がすぐ氷になりました。


強い北風にとばされたのでしょうか、

蜂の巣が落ちていました。


見事に正六角形が並んでいます。

この正六角形を隙間なく並べた構造のことを

ハニカム構造というそうで、

「最小の材料と労力で巣を作り上げることができ、

一定の強度も保つことができる構造」

なのだそうです。

建築材料や飛行機の翼のパネルなど

いろいろなところに利用されているようです。

蜂たちはこの巣作りの技術を

どうやって身につけてきたのか...

やっぱり自然の力、

そこに生きる生きものの力ってすごいです!


2023年1月11日水曜日

シロヤシオの冬芽

今朝も氷点下の冷え込みでした。

晴天が続いて空気はカラカラです。

そんな中、

植物たちは春を迎える準備を整えて

暖かくなるのを待っています。


シロヤシオの冬芽です。


ぷっくりとしているのが

花と葉が両方入っている花芽、

細いのが葉だけ入っている葉芽。

昨年は花つきが良くありませんでしたが、

今年の花芽の数を数えると

昨年よりも白いきれいな花が

楽しめそうです。


2022年12月11日日曜日

秋の名残

 多くの木々が葉を落とし

山は冬の装いになってきました。


カシワバハグマの花

かろうじて花が残っています。



キッコウハグマの種

種の綿毛が開いて、

花が咲いているようです。



アズキナシの実

降り積もった落ち葉の上に

小さな赤い実がたくさん落ちています。

鮮やかな赤色のおかげで、

アズキナシの木の周辺だけ

とても明るく感じられました。

2022年11月16日水曜日

魔除けの木

 札掛ではヒイラギの小さな白い花が満開です。


写真は雌花。

来年の初夏に青紫色の実が熟します。


葉っぱがトゲトゲで、

クリスマスに飾られる

赤い実のセイヨウヒイラギと

よく似ていますが、全く違う種です。


セイヨウヒイラギには悪霊をはらう

などの言い伝えがあり、

クリスマスの期間に悪霊が悪さをしないようにと

リースとして飾られるようになったそうです。


日本のヒイラギも刺が邪気をはらうと信じられ、

節分の時にイワシの頭を刺した小枝を

戸口に飾る風習が今もあります。


ヒイラギとセイヨウヒイラギは

全く違う種ですが、

どちらも葉のふちに鋭い刺があり、

悪霊や邪気をはらうと信じられている

という同じような特徴があるのが

とても興味深いです。




2022年11月6日日曜日

県道70号線一部区間通行止めのお知らせ

 令和4年11月15日(火)午前9時より

県道70号線の塩水橋~旧金沢キャンプ場間が

全面通行止めになります。

自転車も歩行者も通行できませんのでご注意ください。

通行再開は、令和5年3月末を予定しています。

詳細は厚木土木事務所のホームページでご確認ください。