2022年5月14日土曜日

さわやかな白い花

 朝まで降っていた雨が止み

陽が差してきました。

緑が一層濃くなり、

さわやかな空気から一変して、

じめっとした空気になりました。

気温も上がって、

いよいよヤマビルが

活発に活動しはじめそうです。


森の家のミツバウツギが咲いています。

花のそばに行くと

あま~い香りがします。

水滴に包まれた白い花が

とてもきれいでした。


これからいっそう

じめじめとした季節になりますが、

ウツギやオオバアサガラ、エゴノキなどの白い花々が

さわやかさを与えてくれそうです。


2022年5月7日土曜日

新しくなった登山道

境沢林道終点から長尾尾根までの

登山道がきれいに整備され、

4月8日から通行できるようになりました。

5月4日に歩いてきた様子をご報告します。


境沢林道終点登山道入口の様子です。


道標がこまめに設置されているので

迷わず歩くことができます。

登山道入口からしばらくは沢沿いを歩きます。


水音と新緑がとても心地よい道でした。

途中、カモシカの溜めフンと思われるものや

ツルシロカネソウの花が見られました。



50分ほど沢沿いを歩くと

長尾尾根に上がる取り付き口に着きました。


ここから長尾尾根まで人工林の中を登ります。


きれいに整備されていて

とても歩きやすい道でした。

登山道脇にクマ剥ぎ跡がありました。

歯の跡もくっきり残っています。


しばらく登ると新緑の三ノ塔や大山がよく見えました。



境沢から50分ほど登ると長尾尾根の合流地点に到着しました。


稜線ではブナの花がたくさん咲いていました。

今年はブナの実の生り年とか…


ブナの木のうろにはワチガイソウが咲いていました。

こんなところでもたくましく育つのですね。



林道終点の登山道口から長尾尾根まで

所要時間は1時間40分ほどでした。

今回、ヤマビルを見たのは沢沿いの道だけで、

新緑の中、気持ちの良い登山ができました。


2022年4月23日土曜日

まぶしい新緑

今日は初夏のような暖かさです。

いつのまにか新緑がまぶしい季節になりました。 


札掛のサクラは見頃を過ぎ、

満開のサクラはもう少し標高の高いところへと

あっという間に移っていきました。


川からはカジカガエルの鳴き声が

よく聞こえてくるようになりました。

キセキレイも巣作りのため

忙しく飛び回っています。

モミの木のてっぺんでは

オオルリが囀っています。

生きもののエネルギーが

満ちあふれるにぎやかな札掛です。


2022年3月19日土曜日

芽生え

植物たちは

暖かくなったのを敏感に察知して

冬芽をぐんぐん大きくさせたり

花を咲かせたり

葉を広げたり

この一週間でずいぶん

動きが活発になってきました。

土の上の種も

殻を破り

根や茎をのばし

双葉を広げはじめています。




カエデの仲間、チドリノキの芽生えです。

伸びはじめたばかりで

まだプロペラをかぶったまま。

これからぐんぐん生長して

無事大きな木になるといいなぁ…


2022年3月12日土曜日

暖かくなりました!

 今朝、森の家の窓を開けると、

ミソサザイの元気いっぱいにさえずる声が

聞こえてきました。

そして、

去年よりだいぶ遅くなりましたが、

オニシバリが咲いたり



ミツマタが咲いたり


しているのを見つけて、

やっと暖かい春がやってきたなぁと

ほっとしています。